• ブラサバ

Apocalypse-7-



「そのヨンビンって子はどんな感じ?」

「君と似てる。」

「じゃめちゃくちゃだな。」

「そんなことないよ、二人とも。」


夜が明けてエヴァと繫華街に出た。

夜が明けてエヴァと繫華街に出た。ここの地理に詳しいようだ。

夜に色んな話をしながら感じたことは、エヴァが思ったことよりお喋りだということだった。でも嫌な感じではなかった。


「君は戻らなくても大丈夫なの?」

先を歩いていたエヴァが足を止める。


「問題ないから、とりあえずその子を探そう。」

正直確信はない。大きな問題が起こらないことを願うだけだ。


「このバンド知ってる?ヨンビンが好きだったバンドなんだけど…」

エヴァはほとんど破れて辛うじて壁にくっついているポスターを剝した。

バンドは何処かで見た覚えがあるんだけど…ちょっと待て、公演日が2019年3月20日?


「もしかして今2019年なのか?」

「うん。多分今は2月なはずなんだけど…正確な日付は知らない。」


記憶はごっちゃだが実験が繰り返されるということは知っている。

なのに5年も過ぎただと?クソ、母さん一人でそんなに長く…


「大丈夫?」

ふらつく俺をエヴァが支える。これからどうすればいいんだ?