• ブラサバ

Apocalypse-3 -



川辺を捜索する間ずっと、イヘジンは俺に言いたいことがあるように見えた。

どうしたんだろう。無視しようとしたがやはり気になる。


あの筒状の建物、見覚えありませんか?

「何か言うことあるか?」

「あの筒状の建物、見覚えありませんか?」

「俺は初めて見るぞ。」


イヘジンはもう一度辺りを見渡す。


「ここ、ソウルみたいです。」


俺も同じく、辺りを見渡した。幸いみんな各々の仕事に集中している。


「先ほどチラシも一枚拾いましたが…確実です。ここはソウルです。」

「なのにこんなに人がいないのか?」

「その怪物が伝染病を広めて…多くの人が…死んだらしいです。」


なに?ソウルがこの様だと他の地域は?母さん、母さんは無事だろうか。


「捜索に集中して欲しいんだが。」


後ろを見るとフィオラがレイピアで俺の肩を押していた。


「何か企んでいるわけじゃないだろうな。」

「自信ないならじっとしてて~胡散臭いことすると殺しちゃうかも知れないよ。」


ジャッキーは腕輪をした方の腕を振りながらゾッとする笑みを浮かべた。